現在では作られていない古いお金のこと

古銭とは、その文字の通り古いお金という意味で、今現在では作られていないお金のことを指します。

今現在使われている日本のお金は、昭和時代になってから使われるようになったものであり、それまでの間にいくつもの貨幣が生まれてきました。

現在では入手することが難しいため、その価値は非常に高いと言われています。

日本の古銭には様々な種類のものがあります。

最も古い古銭は、中国の貨幣である開元通宝を元にして作られた富本銭と呼ばれるものです。

富本という言葉は、国を富ませて人々も富ませる本になるという意味が込められています。

富本銭が作られた飛鳥時代の最後の年には、和同開珎と呼ばれる貨幣が作られました。

富本銭はそれほど人々の間で広まりませんでしたが、この和同開珎は多くの人が使うようになりました。

歴史の教科書でも、この和同開珎の方が紹介されることが多いです。

日本で本格的な貨幣が作られるようになったのは、安土桃山時代で、豊臣秀吉が金貨や銀貨などの種類を作り出しました。

この時代の古銭には、小判形のものも存在し、世界で最も大きい貨幣だと言われている天正長大判と呼ばれる貨幣も作られていました。

この天正長大判は、庶民は使うどころか見ることすらできず、何か名誉なことをした人へのご褒美用として作られたと言われています。

江戸時代になると、徳川家康が日本で初めて日本中で使うことのできる、共通の金貨と銀貨を作りました。

さらに、寛永通宝と呼ばれる銅貨も新しく作り、この3種類の貨幣がものを売り買いする際に使われるようになりました。

また、江戸時代の初期にはそれぞれの藩の中でのみしようすることのできる貨幣も出回っていました。

これらの古銭は、広く流通していたわけではないので、大変貴重なものだと言えます。

明治時代になると、大阪に造幣場が作られ、貨幣が広く流通するようになりました。

そして、昭和時代になり、私たちが使っているお金が作られるようになりました。

このように、日本の貨幣はその時代ごとに様々で、価値が高いため、コレクターの間では非常に人気が高いものです。

特に江戸時代に流通していた、一分金や一分銀、一両小判、十両小判などは、比較的有名な貨幣であるため、人気も高いです。

現在では、オリンピックなどの記念行事の際に記念硬貨が造られることもあります。

こういった記念硬貨もその時代特有のコインであるため、価値が非常に高く、コレクターの間でも人気です。